罪悪感に苛まれる日々…。消し方がわからない!どうにかなるの?

スポンサーリンク




どうしても自分を責めてしまう、どうしても自分が悪いと思ってしまう。

そんな心優しい方は日本には(世界にもかもしれん)多いのではないでしょうかね。

こんな記事を書いてる私も罪悪感の塊でした。

 

今回はこの多大な影響を与えまくっている「罪悪感」に関してのひとりごと。

もしかするとちょっと心が晴れるかも知れない(かもかよ)

 

そもそも罪悪感って?

まず罪悪感ってやつをウィキペディアという辞書で調べてみました。

罪悪感(ざいあくかん)(guilt)とは、罪をおかした、悪いことをした、と思う気持ちのことである。

※ウィキペディアより引用

ま、そのまんまっすね(笑)

自分がしたことの何かにかけて悪いことしたなー。って感じたら罪悪感ですね。

私もそりゃお茶こぼしたり、水ぶちまけたり、おしっこもらしたり(過去にですよ?遠いね)

するわけですが、その時に「悪いことしたー」って思うわけですね。

 

仕事でミスったり、言っちゃいけないこと言っちゃったり。

ホンネぶちまけて怒らせてしまったり、会議中に爆睡したり。

色んなことしちゃいます。にんげんだもの。

 

で、そんな時に「悪いことしたー。あー。しまったー。」が罪悪感ですね。

で、ですよ。

 

なんでこんなにも「悪いことをした。」と思ってしまうんでしょうね。

そんなに悪い人間ですか?存在ですか?

悪の第一人者ですか?悪役レスラーですか?罪を背負う人生に生まれてきたんですかね?

 

ふざけんじゃないよ!そんな罪を背負う人生に生まれてきたわけねーじゃねーかよ!プンプン

と、怒りたくもなります。

じゃ、なんでこれ、やっちゃうんでしょう?

 

何もできない自分を許せない。

こーいうことじゃないかと。

仕事でミスったり、言っちゃいけないこと言っちゃったり。

ホンネぶちまけて怒らせてしまったり、会議中に爆睡したり。

 

これらを良いことではなく、悪いことにしてしまった。

私が悪いんです、お代官様。ということにしてしまった。

 

で、迷惑かけたり、嫌われることがダメなこと、

「(迷惑かけて、嫌われるような)悪いことしたー。」

と、思ってしまうのではないかと。

 

それは、

役に立たない自分。

何もできない自分。

おっちょこちょいな自分。

稼げない自分。

認められない自分。

負けてる自分。

クソな自分。

が、ここに存在していることを許せないからではないでしょうかね?

 

そして年々積み上がっていく体重のように(変わらん人もおるか。)、

こうした自分を許せない状況が続き、毎度のことのように

「自分を許せない。」「悪いことしたー。」

と、言いまくり、挙句の果てには、

 

「今の自分は自分じゃないわ。」

と、自分を責めまくり、

「こんな自分、居ないほうがマシだ。」

なんて思っちゃうにまで至ることもある。

 

そうして自分を責めまくった結果、

うつ病や突然ぶっ倒れるようなことが起こる。

強制終了ってやつですね。

※体験談(笑)

 

で、人生うまくいってないと感じる人は、

こうしたダメ、悪い、罪だわ、許せないわ。ありえないわ。あの人ったらもう。

が、周りで起きまくっているのではないか?

と、思うようになった今日このごろ。

 

自分の悪いと思っているところを探そうとして、

更にループにハマってしまう人多数。

この画像使いまくるやろうな(笑)

 

で、ここから抜け出す為には、

許す、赦す、認める、確かにする、

明らかにする、諦める。

しか、ないんじゃないかなー?と感じています。

 

こんな自分も自分なんや。許してやったらどうや。

あ、吉本の辻元さん風に言ってくださいね(言わせんでいい)


茂造大好きです。今でも、昔からも。(知らんがな)

 

役に立たない自分。

何もできない自分。

おっちょこちょいな自分。

稼げない自分。

認められない自分。

負けてる自分。

クソな自分。

他。

 

なんでもいいですが、

それはダメだと思っている自分を、

許してやったらどうや。

と、いうことです。

 

で、自分の中の「罪悪感」が探しても探してもわからなかったら、

周りにいる人を見てみることでわかるかもしれません。

 

あの人のこういうとこが「ダメ」だと思うわー。

あの人ってそういう「悪い」とこあるよねー。

あれはもう「罪」そのものだわ。

うん。「クソ」やな。それ。

 

周りの人や出来事に対してジャッジしている部分。

損得やなんたらで(なんやねん)判断して、

あの人やそんな事態の、

責めて、攻めて、せめて、せめまくっている部分が、

自分の許せていない部分かも知れません。(かも…。じゃないかも)

 

終わりの言葉:それも自分だー。諦めるわ!だはははは!

いつからそうやってダメだとか、悪いとかを判断しちゃうようになったんでしょうね。

私の場合は、母親に嫌われてはダメだ、迷惑かけちゃダメだ、困らせてはダメだ。

借金はしてはダメよ。あれはしてはダメよ。これはしてはダメよ。

と、いう部分が大きかったように思います。

 

そして更に母親が許せない父親もダメ。

あんな父親はダメ。ゴロゴロしている父親はダメ。

稼げない父親はダメ。家族サービスしない父親はダメ。

 

そんな風に知らない間に母親の価値観が自分の価値観になっていることが多々ありました。

で、結局なんでダメだと言うと、

母親が嫌な顔(思い)するのがダメ。

と、思っていたからでしたね。はい。

そしてそうさせた自分は悪いと。はい。

くっそドM(笑)

 

で、周りや自分をジャッジしていくようになり、

あれはダメ、これはいいが出来てきて、

いつしかダメまみれになってしまう(笑)

 

で、そのダメな部分をしっかり見て、

明らかに見て、そのダメをやっちゃっても、

ダメを、悪いを認めちゃっても大丈夫だったんだ。

と、いう部分を増やしていくと、

心がちょっとずつでも、もしかしたら一気にスッキリすると思います。

 

悪い、ダメ、で、自分を終わらせないっつーか。(軽い)

悪い、ダメ、だと思ってたけど、案外自分は大丈夫だった。

と、いう。そこに飛び込む勇気さえあれば。

いつまでも罪悪感にしないで、諦める。

さっさと差し出してしまえば、楽になるのではないでしょうか?

 

で、心の中で起きるザワザワとか窮屈とか葛藤とかってのは、

もしかしたら本当の自分、本当の心、魂、ちゃましー(ふざけんな)は、

自分のことめっちゃイケてるって、素晴らしすぎるって、ほんとは愛されてるやつって、

ずーっとわかってくれてるから、それと違う考えに反応して、

葛藤

に、なってるんでしょうね。多分っつーか、これは思う。

ホントは素晴らしいから、その考えは一致してないよって。

罪悪感なんて感じる必要ないよーんって。

 

あー。ほんまドM。(私のことですよ?私ですよ?笑)

この記事もよかったら読んでみてくださいね★

ありのままの自分を受け入れる、認める、生きる意味がわからないそんなあなたへレリゴー。

2018.04.22

スポンサーリンク