私には何もない。なんの取り柄もない自分が「はじめの第一歩」だった理由。

スポンサーリンク




テルです。

何もないことが素敵だと思えた今日この頃。

 

前まではあれがしたい、これがしたい、よく思われたい、たーっくさんあったテルですが、

それが無くても素敵だと思えたワケ、そして私のクソっぷりをちょいと公開します。

 

いきなり結論とテルの簡単エピソード。

最後の項目でも書いていますが、素敵だと思えた、

結論を先に書いておきます。

 

自分ではない、他を、外を基準にしたから、

自分が勝手に「自分には何もないことにしてしまった。

だけです。

 

 

 

は?(シバクゾ)

な、感じしました?(笑)

 

自分でそういうことにしてしまっただけなんですよー。

何もないなんて気のせいだったんですよー!

 

ま、病気になって、ぶっ倒れるほど苦しい思いをした自分が言うのもなんですが…。

 

何もない自分をアピールしてただけだったんです。

これだけだと、チョー気分悪いですよね(泣)

 

少し私のエピソードも交えながら、この考えに至るまでの経緯をお伝えします。

※クソすぎてイライラするかも知れませんがご了承ください(笑)

 

私は10数年ほど、会社員として働いていましたが、

「このままここでずーーっっといたくないわー」

と、いう思いを2年目くらいから抱いていました。(早よやめろや)

 

もっと偉くなってー。もっと金持ちになってー。

あんなことやこんなこと、

できたらいいなー。

なんて思ってました。(ま、今でも思いますが)

 

で、その時はね、

お金を稼ぐために副業しよう。

賢くなるために本を読もう。

スキルを磨くために通信講座を受けよう。

で、自信持てたらやめよう。

なんてことを繰り返してました。

 

まー、それはそれでありなんすけど、

続かないテル(笑)

すぐに飽きるんすよねー(笑)

そしていつまでも自信がつかない(笑)

後輩、先輩カンケーなくイライラをぶつけるクソ社員(笑)

 

で、ある時、ギャップといいますか、何といいますか。

「もーいいや、辞めてしまえー!」

と、思って辞めたんすね。

 

それに至るまでは超絶葛藤ありましたよ。

もちろん。

 

安定とか、メンツとか、周りの声とか、視線とか、これからほんまにやっていけるんかとか…。

起きてる時間の95パーセントぐらい不安(笑)

 

ま、身体がもうあかーん!な状態(あ、鬱ってやつ)になっちゃったので、

ちょっと復活したくらいでサヨナラしました(笑)

 

で、辞めた後も別の会社でまた頑張ろうとして、ダメで。

で、個人事業主として活動をしたんだけど、ダメで。

ダメって思ったのは続かなかったってのが大きいかな?

 

いつまで経ってもうまくいかないし、満足もないし、いつになったら幸せっちゅーのがやってくるの?

いつまで鍛えなきゃいけないの?自分。

どれだけ本読めばわかるの?自分。

(年間100冊はヨユー。でも全然わからん笑)

なんて、子供のわがままかよ。くらいなところまで来ました。

 

で、今、昔に描いてた理想とは程遠い位置にいます。

スキルアップして活動するわ!

→スキルアップどころか収入なくなる(笑)

お金持ちになるわ!

→それどころか借金(笑)

みんなからチヤホヤされたいわ!

→ほぼ引きこもりニート状態(笑)

クソじゃないですか?笑

 

ま、ただクソを嘆いているわけじゃなくて、こーなったからこそ、

発見したものがあるんです。

それが、

 

何もなくても大丈夫だったー。幸せだったー。自分にはたくさんあったー。

ってことです。

負け惜しみかもしれません。そうじゃないかも知れません。(どっちやねん)

 

私には何もない。何の取り柄もない。

こう思っちゃってる人って、結構いるんじゃないかと思うんですね。

私みたいに飽きっぽくて、続かなくて、仕事も嫌で、生活もなんか満たされてなくって。

ここまでクソかどうかは知りませんが(笑)

 

で、ここからわたくしテルのように思っちゃってる人に向けて(めっちゃ良いように言うてます。全部自分の為です。再確認です。はい。笑)、

何もないって、凄いこと、素敵なこと、はじめの第一歩だということをお伝えしたいなぁと。

 

何の取り柄もない、何の役にもたってない、という自分。

が、すでにあるから、何も無いことはないですけどね(笑)

 

何もない、クソだ、生きてる意味ないわ、しょーもないわ、馬鹿じゃねーの、なんだよこの人生は。

と、怒り狂いたい気持ちはめちゃくちゃわかってるつもりです。

 

です、けど、も。

何もなくなって、大丈夫だったんですよ。

ほんとに。

 

ま、私は今こーやって、自分をネタにできるくらいにクソな自分も好きになりましたが、

そこに良し悪しさえ、自分でつけなければ、

なーんてこたぁなかったんです。

全部、自分で創ってたんです。

ほんとに。

 

前はね、こう思ってました。そして、こうなりました。

お金持ちになりたい!

→お金が無くても大丈夫だった。

いい仕事に就きたい!

→別に理想の仕事をしなくても大丈夫だった。

いい車を持ちたい!

→車無くても大丈夫だった。歩けた。

上司によく思われたい!昇進したい!

→嫌われても大丈夫だった。

 

私はずっと走り高跳びをしていました。

あの高い、チョー長い棒を使って、チョー高いバーを超えないと、ダメだと思ってました。

 

そんなことする必要なんてなかったんです。

軽くまたいで超えてしまっても良かったんです。

このくらいヒョイっとね。(超えてないやん、届いてないやん)

 

自分が幸せになるとか、満足するとか、役に立つとか、イケてるとか、ツイてるとか。

勝手にめちゃ高いバーに設定して、超えられへん!どーしよ!と、もがいてただけだったんです。

 

何も無くたって、生きてるだけで、役に立ってるし、愛されてるし、守られてるし、自由だし、大丈夫だったんです。

これらのことを確認したかったから、そもそも無いと信じてたから、

必死に頑張ってたんです。

 

ま、世間から見ると、

かなりの僻みクソ野郎ですよ?笑

こんな声が聞こえてきそうです。

 

「ありえへん。人としてどうかと思うわ。」

「仕事せーや。ただのニートやないか。」

「こんなんでいいわけがないやろ。」

「きもっ。」

「うわー。終わってるわこの人ー。」

 

他にも聞こえてきそうです。

そしてね。

こう言われたくないが為に、今まで頑張って来ました。

 

そんな風に言われちゃうかもしれないっていうことを、

ってか、頑張ってやってても言われるかもしれない、これらの言葉達を、

受け入れることで、

実は自分にたくさんあったことに気づけます。

 

ちょいとブレイクタイム♡

あ、ちなみにね!

うけいれる【受(け)入れる、受(け)容れる】

受け取って収める。引き取って迎え入れる。人の意見・要求などを認める。

weblio辞典より引用

って、あるけども、すでに受け取ってるものは、それと同時にね…。

差し出してるんです。

知ってました?知ってました~!?(自慢かよ。受け売りやろ。)

 

(・∀・) 「ここに載ってたよー。」

→心屋仁之助さんのブログ:★受け入れる、差し出す、続き

 

ぐぉぉぉ。バレたか。チッ。

さっきの例で言うとですね、

「ありえへん。人としてどうかと思うわ。」

「仕事せーや。ただのニートやないか。」

「こんなんでいいわけがないやろ。」

「きもっ。」

「うわー。終わってるわこの人ー。」

って、言われてもいいよ。嫌われていいよ。(差し出す)

と、何かが受け取れます。(なんやねん)

 

で、お金が欲しいっていうのなら、

「お金が無い」という思いの塊を差し出さないと、入ってこない。

 

スペースが無いと、新しい家具も入れれないじゃないですか?

コップが満タンな状態で入れても、溢れるだけじゃないですか?

これ↓

 

ちょ、ちょっとおばあちゃん!溢れてるって!水!水が!工エエェェ(´д`)ェェエエ工

早く!お母さん、ふきん持ってきて!あ、おばあちゃん止めて!(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

状態です。

 

おばあちゃんがせっかく孫の為にお水を入れてくれようとしていても、

空いていないと受け取れません(笑)

ただ、これだけのことです(悲)

 

水=嫌われたくない、怒られたくない、クソだと思われたくない、やだーー。

水を捨てるか、飲むか、しないといけまへん。

 

ま、ここは実践中ですけどね。

若干、実感してきてますけどね。若干かよ。はよ見せろよ。

 

何もないは、自分を証明する必要が何もなかっただけだった。

ここ!ここが、素敵だなーと。

何もない。何の取り柄もない。と思ってしまうのは、実は、

「証明する必要なんて無いよ。」

と、教えてくれていたのかもしれません。

 

これ、相手とか周り基準ですよね?

あの人を満たせる能力は自分には何もない。

とか、

社会に役に立てる取り柄は自分には何もない。

とか、

こーゆーことが世間や、世界が求めているものなんだ。私にはねーよ。くそったれが。

とか。

 

そんなものは、何もない。ってか、ある必要が無い。

だって、そもそも自分にしかないものがあったのに、

それで十分なのに…。

そこがわからないような状態にまでなっちゃったから、

悩むんですけど。。。

 

会社で役に立つためにスキルアップをする。

これ、本気でそこで働きたくって、本気で好きでやってる人はめちゃくちゃ楽しいと思います。

それ、私は好きでやってるだけ。だからです。

 

でも、そーじゃ無い人にとっては、

あれやこれや、全部苦痛でしかない。

のでは?(笑)

で、もう諦めていいと思うんですよね。

 

何もないと感じ始めたのなら、それはチャンス、自分らしく生きるはじめの第一歩ではないかと。

私は諦めました。→私は自分の意図を明らかに見ました。

 

「役に立とうとしなくていい。」

「誰かになろうと頑張らなくていい。」

「そのままでいい。」

「自分が住みたい世界を創っていい。」

「困ったことは起こらない。」

「結果、大丈夫。」

 

自分ではない、他を、外を基準にしたから、

「自分には何もない」ことにしてしまった。

だけです。

 

ほんとは、自分にしかない、素敵な一面があるんです。マジっす。

それが、今まで周りに合わせまくって来たから見えなくなった、なっているだけのことです。

もう、いいんです。やらなくて。

 

そんなもの、何もなくていいんです。

 

自分軸以外の取り柄なんて、何もなくてよかったんです。

 

あんな自分もこんな自分も許そう。

私には何もない。なんの取り柄もないという方は、今まで必死に頑張って来たのではないでしょうか?(泣)

本当に苦しかったと思います。

辛かったと思います。

 

親に認められたい。

親にこっちを向いてもらいたい。

親に笑顔になったもらいたい。

仕事で役に立ちたい。

仕事で認められたい。

仕事で求められることをやり遂げたい。

などなど。

 

例を挙げればキリがないですが、ずっとそうやって、自分はここにいてもいいんだ。自分はこうして貢献しているんだ。という実感を味わってきたのでは?

もう、自分の人生を生きていいんです。

そもそも、ココにいていいし、許されるし、貢献してるし。多分。(たぶんかよ)

 

嫌われても怒られても、見捨てられても、苦しめられても。

そんなことされたって、自分の人生生きて、大丈夫なんです。

いっぱいあるんです。他にも。

 

そこじゃないとダメなんてこともないんです。

あの人(思いを馳せる男の人、女の人、他)じゃなきゃ生きられないわ!((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

好きな気持ちが伝わらないわ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

逆に気持ち悪がられてるわ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

どうしようかしら!((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

じゃ、ないんです。そんなの可能性の0.00000000000000000000001%です。(多分)

※上記、実際テルが体験した、「猛烈に好きだった超カワイイ理想の女性」におもっくそ振られるまでの一連の流れ。

 

怖れてもいい。と、許してあげてはどうでしょうか?

私は怖れと向き合わずにずっと苦しんできました。

嫌われなくないから頑張ったし、困らせたくないから張り切ったし、よく思われたかったから自己犠牲したし。

もう、それ、やめよー。

 

嫌われても、困らせても、よく思われなくても。

大丈夫。幸せ。満足。たくさんある。楽しいこと、喜べること、たくさんある。

お金でしか得られないと思ったこと以外もちゃんとある。

んですよ。びっくりっすよ(笑)

 

ちゃんと、他から来ます。

で、何でか悩んでたことが消えていきます。

あれだけ必死にもがいてたことが消えていきます。

ほんと不思議なことに。

なので、今回は、

「私には何もない、何の取り柄もないは、素晴らしいはじめの第一歩!」

でした。(そうやったっけ?笑)

スポンサーリンク