怖がってもいい、不安になってもいい。が、出来ない。許せないから怖れる、不安になる。

スポンサーリンク




前回の記事で、「死を受け入れる」というお話を書かせていただきました。

今回は引き続いて「怖れと不安」についてです。いやー、怖いよね、不安だよね。

 

新しいことをやろうとするとどうしても現れて困っちゃうのがこの「怖れと不安」。

じゃ、これをどーすりゃいいのか?というお話です。

 

そのまま受け取りましょ

怖れや不安。出ますよね。そりゃね。

あの子に告白したい!でも断られたら立ち直れん!

やりたいことあるけど借金までしてしたくない!でもやりたい!

こんなこと言ったら嫌われそう、っつーかクビにされるわ。

などなど。出るねー。うわちゃー。

 

で、どうにかこの怖れと不安を何とかしようとするが為に、さっきの例で言うと、

告白しない。傷つきたくないし。言わんかったら友達のままやし。言わへんし。片思いやし。この方がええし。ずっと喋れるし。

やりたいことじゃないわ。金あったらやるわ。そこまでじゃないわー。そんなアツイのダサいわー。意識高い系やわー。

上司にはそれは言わん方がええなー。だって何されるかわからんし。怖いし。殴られるし。仲間外れにされるし。査定に響くし。

と、あたかもなかったことにします(笑)

 

で、これらを選んだ自分にこう思います。

勝った。

(思いませんか?笑)

 

と、このように最初から諦めるわけでございます。

これは諦めれるのに、これは諦められないという。。。

何をやってもダメ人間な自分を変える本ください→無理です。認めて下さい。諦めて下さい。受け入れて下さい。

2018.05.07

 

言った先にある「オモロイ可能性」を全否定して、「オモロナイ可能性」を信じるわけでございます。

そりゃね、大人になって賢くなったんです。

こーした戦略も取るのは当たり前。

 

で、それでいいんですかホンマに?という、ちょっと食い気味の、ジーパン食い込み気味の、パンツ上がってきてるよ、な、お話です。

で、それらは一旦、受け入れて見ませんか?と、いう提案です。

 

受け入れてどーすんの?

私たちは進化を遂げてきました。

怖れと不安に勝つ進化を。

 

それが先程の先手必勝、最強の手法。

「なかったことにする」です(笑)

で、これを僕は受け入れましょうと提案します。

 

「アホか!受け入れて何が変わるんや!」

と、きったないヤジが飛びそうですが、それでも言います。

受け入れてみましょう。

 

って、言うのもそれらの怖れや不安をまず感じてみてやるぜこのやろー!ってことです。

あの子に告白したい!でも断られたら立ち直れん!

と、いう気持ち。他のも一緒ですが、

あ、そういう気持ちがまず湧くんだ。あたしって。

と、ただただ受け入れます。

 

断られる、嫌われる、あかん、生きていかれへん、恥晒すわ、死にたい。

を、受け入れてくださいということです。

 

そしてそれはつまり、

そういう思いをしていいと、自分はそうなってもいいよーと、世間に、世界に、宇宙に、

銀河に、ちょーとっきゅーで投げ出す(ややこい)んです。

 

差し出すんです。私はこうなっても他がいます。大丈夫です。死にはしないです。と。

ここを諦めるんです。諦める場所が違ってたんす。

 

 

そうすると不思議なんですが、

これらの怖れや不安は消えていきます。

 

いきなり消える人もいれば、何回かしてるうちに気にならなくなる人もいます。

そうなったとしても大丈夫なんだ。と、いう経験が身についてきます。

そうなれば後はもうこっちのもんです。勝ちです。笑い飛ばせます。ぶっ飛ばせます。

 

あかんかったら次があるぜと。まだまだこんなんでくたばるアタシじゃないわよ。と。

で、これらは全部、言葉だけ鵜呑みにしてもわからないんです。これも不思議なことに。

やって、大丈夫やったわ。結局は。ウケたわ。ネタ増えたわ。(関西なノリでいくと)

に、なるんです。

 

ここ、後々から振り返ってみたら、意外とイケてる。過ごせてる。生きてる。っていうことです。

そして、これらの経験はすでに、今まで思いっきり体験してるはずなんです。

 

その時は怖かったチャリの練習、水泳の練習、漢字の練習、勉強、いっぱいやってきてます。

訓練はしてきてるんです。

 

それとこれとは違うとジャッジしないで、勇気を持って飛び込んでみてください。

と、いうことをご提案しています。

 

カップルの喧嘩が思いっきり大ごとで酷くて悲惨な結果になってしまうのも、言っちゃいけない、

怒られる、嫌われる、と思って「なかったことにした」が為に起こった、

大噴火です(笑)

小出しにしていれば噴火はしません。

 

便秘にはなりません。

なので、そこをただ勇気を持って飛び込んではどうでしょうか?と、いう提案です。

 

そう感じることを許しましょう

大好きな本田健さんの書籍、「大富豪からの手紙」に、こんなことが書いてありました。

「怖れや不安は感じていい。感じるのが当たり前だ。」

ちょいと文が違うかも知れませんが、ニュアンスは合ってるはずです(笑)

 

誰でも怖れや不安は感じるものなんだ。感じていいんだ。と、自分にも許してあげることで、

気負いや頑張りや、変な我慢や便秘は無くなります。

 

なので、ぜひ、このご提案を御社で使っていただけると利益向上に繋がりますゆえ、

御採用の程、よろしくお願いします(笑)

スポンサーリンク